50歳からのお金のこと ~まずは行動から!

活かせる知恵

 

 私はこれまでライフとマネーに関する社内セミナーを十数年続けていまして、

50歳向けと60歳向けのセミナーで「いかにお金が大切か」を語ってきました。

 その延長線上でファイナンシャルプランナー1級の資格を取得し、日々舞い込む

仲間のライフやマネーの相談に応じている毎日です。

 その中で感じるのは、毎日忙しく働くサラリーマンの皆さんは将来に向けての

ライフプランやその基盤になるマネープランを作る機会や時間がなかなか無い

いう現実です。

 そして50歳という年齢に差し掛かると不思議と脳裏によぎるのです。

「このままで大丈夫か、、、?」

 その不安を消し去ってアクションを起こす時期として、50歳という節目は

そのチャンスだと是非考えて欲しいのです! 

  ・仕事もベテランの領域になってきた

  ・稼ぎも一定の金額はある

  ・住宅購入や教育などのライフイベントもある程度済んだ・・・

 私も同年代のしがないサラリーマンなので良く分かります! 私がセミナーなどで

話したことや自身が経験したことを参考にしてもらえればありがたいです。

まだ間に合います!

なぜ50歳からなのか?

①サラリーマン人生も残り10年前後、決して長い時間ではない!

  自営業の方であれば定年はありませんが、多くのサラリーマンには60歳前後で

「定年」という現実が待っています。ある日突然に会社に行かなくてもよくなり、同時に

いつもあった定期収入がゼロにという超リアルな現実です!

 今50歳の方であれば残り10年、決して多い時間ではありません。

 そして50歳前後になると時間の過ぎるのが早く感じませんか? 思い立ったが吉日、

まずは「明日のために」とアクションを起こすことが最優先になります!

②一定収入がありライフイベントもある程度終わっている

 前段でも書いた通り多くの方が一定の収入を持ち、ライフイベントがある程度

済んでいる場合が多いです。仕事もベテランの域に入って良い意味で自分流の

時間を生み出す方法も会得されていると思います

 この機会を逃す手はありません!

 空いた時間を利用して「自身の預貯金・有価証券などの資産の確認」とともに、

家計支出や生命保険、住宅ローン残高」などを見直してみましょう!

③50歳は人生の中間点!

 あなたがサラリーマンとするならば、恐らく20歳前後で社会に出たかと思います。

そして仮に80歳前後で寿命を迎えるとするならば、50歳という年齢はちょうど

その前後30年の真ん中にいることになります。

 長い間働いてきた時間と同じくらいの時間がこれから待っているという計算に

なります。

 だからこそこの機会に少し立ち止まって現状を把握し、将来の不安を残さないよう

今から準備を始めることをオススメします!

50歳からは現金が大切!

 50歳からお金を増やしていく方法として最も安心なのは預貯金を増やすことです。

 確かに投資をするとか不動産を買って値上がりを期待することもありますが、

将来の値下がりリスクを考えると、まず最優先は値下がりしない「キャッシュ」を

しっかり確保することです。 キャッシュは、、、

 ①場所を取らないし腐りもしない

 ②今後投資をするにも何かを身に付けるにもまずはキャッシュが必要

 ②現金が手元にあるという心理的な安心感

 ライフ&マネーの世界では、株式投資や不動産購入などによる運用でお金に働いてもらう

ことも非常に大切なのですが、これはキャッシュの余裕が出てきた段階でその余剰分を

投入することが現実的かと思います。

 まずはこれらの基礎となる現金を手元にしておくことで、その基礎の上に安定した

セカンドライフを構築することができます!

ムダを見直すことでキャッシュが残る!

 多くのサラリーマンの方々が給与天引きというシステムを使っています。考えようでは

便利な仕組みなのですが、その反面「何が差っ引かれているか無頓着になる」という

副作用も持っています。 

 私の周囲の人には明細を受け取っても全く見ることもなく家族に渡してしまっている

という方もいます。

 改めてこの機会に給与明細から何が引かれているか確認してみましょう!

 さらに支出をしている大きなもの、例えば住宅やクルマなどローンで買ったものや

家電製品などの耐久消費財へのお金の使い方を見直しましょう。 

①生命保険、がん保険、自動車保険など 

  →お子さんが成長すれば大きな生命保険は不要です。医療も公的保険で賄える

   場合もあります。クルマの車両保険は私は無くしておきました。

②ローンなどの利息

  →60歳以降までローンがある方、年金生活になると利息はボディブローのように

   効いてきます!

   早期の繰り上げ返済や金利の安いネット銀行への借り換えをおすすめします。

③高級ブランドや新製品の家電

  →もちろん買うことで生活が充実するのであれば必要ですが、家計への負担は

   大きいものです。本当に必要なものだけ買う・家電も型落ち品なら値引きもあり

   十分機能するものも多いです。

まとめ

 50歳という年齢は、ライフ&マネーを見直すには本当に良い機会です。

  ①「アクションを起こそうという気持ち」からすべては始まる

  ②「現金」は大切

  ③「無駄を見直して」キャッシュを確保

いつの間にかお金を失わないように少しずつでも始めてみましょう。

 今までやらなかったことを始めるときは、面倒な気持ちが先に立ったり分からない

ことも多く出てきます。

 でも少しの前進で未来の生活に安心を与えられるならば、やってみる価値は

ありますよね! しかも数字としてハッキリと効果を目にすることができます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

【ライフとマネー】 ~将来幸せになる大事なテーマ!早めにコツコツやるべき3つの理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました