【メンズ 香水 比較】~気になる匂いの話と「ブルガリ」のおすすめメンズ香水3つ

おすすめアイテム&情報


日本では「匂い・香り」にとても気を遣っているような印象がありまして、体臭についても

入浴の習慣を含めて世界の中でもかなり綺麗好きな国民のように思います。

しかしながら自分(ある程度年齢を重ねた男性)の置かれた環境などを考えてみますと、

 ・「食生活の欧米化」

 ・加齢によるものや仕事や人間関係の「疲労・ストレスの増加」

 ・近年「消臭化」の流れで周囲の匂いが消える代わりに「人間の匂いが目立ちやすい」

などもあって自分自身の体臭を気にするようになってきた今日この頃です、、、

夏の満員電車、小さい部屋での会議、人のそばに近づいて頼みごとをする場面など、

(新型コロナで人との距離を取るようになったとは言え)口臭と共に体臭に気を遣う場面

サラリーマンには多くありますよね。

そこで体に関わる匂いについて考えつつ、その対策?としてヨーロッパ屈指のフレグランス

メーカー「ブルガリ」のおすすめメンズ香水をレビューしたいと思います!

※(注)筆者が男性のため女性に関する香りその他については言及できていない点につき

何卒ご容赦ください。

身体の匂いにはどういったものがあるのか

色々と文献やネットで調べていくと大きく分けて3種類がありそうです。

■加齢臭

年齢を経ると発せられる匂いで主に胸と背中からになり、対策としては(若返ることは

できないので)まずはお風呂でしっかり洗うことに尽きるようです。40代~50代の方に

多いようです。

   ~確かに午後になると胸元や背中がかゆい時があります!孫の手を使うのもこのせい?

■ミドル脂臭

ストレスや体調の乱れなどによる匂いで、後頭部や首の後ろから発せらることが多く、

30代~が対象になってくるようです。

   ~夕方になって耳や首の後ろをボディシートで拭くと真っ黒になることが、、、

■疲労臭

ストレスなどによる疲れから来る匂いでアンモニア臭が特徴、汗をかきやすい部位から

匂いが出やすいようです。

   ~汗をかきながら頑張っている、ある意味若さの象徴かも知れませんね。

香水をつけているメンズはどれくらいいるのか?

日本国内における香水の市場は美容全体の市場のうち1~2%程度とも言われており、

香水をつける人の数やその利用頻度・購入頻度もあまり多くないことを物語っています。

香水をつけるよりお風呂に入ってしっかり清潔、という国民性もあるのかも知れません。

因みに世界の美容市場の中で香水の占める割合は16%程度(日本の10倍近く)

言われていて一つの大きなマーケット・カテゴリーを形成しています

有名な欧米ブランドの香水の知名度が世界的に確立していることも大きく寄与しているでしょう。

その反面国内市場に目を移すと国産メーカーの香水がビッグブランドの陰に隠れがちになり

国内マーケットが育ちにくい一因になっていると言えるかもしれません。

一方で国内で男性に対して香水に関するアンケートしたものをサイトで探したところ、

★香水をつけるかどうか(全世代)

  ①仕事のときも休みのときもつける 51%

  ②休みのときだけつける 11%

  ③つけない 38%

★年代別の香水の利用率

  ①10代 50%

  ②20~30代 60%

  ③40代~50代 66%

   ※60代以上はnが少ないためデータとしては非参考に

ということで「意外に多い?」と感じられる結果です(実はヘアトニック等も混じっている?)

市場としては小さい(使用頻度や購入頻度は多くない)ながらも実際に使用している人は

一定数いるようですし、年齢が上がると利用率も上がっていることに少し安心致しました!

オススメのブルガリのメンズ香水 3つ!

自分の匂いは自分では気づきにくいものです。私自身も家族から毎日使っている枕の匂いを

指摘されハッと気づかされたことがあります。

そこで毎日お風呂でしっかり洗うことはもちろんのこと、朝夕フェイスシートで顔を拭きつつ

何か良いものはないかとメンズ香水を色々と試して自分に合った香りを探してきました。

これまでジバンシー・サムライ・ダビドフ=クールウォーター・バーバリー・カルバン

クラインなど数多く香水を使ってきましたが、香り+お値段などから「ブルガリ」が定着して

きました。今回は「ブルガリ」に絞ってそのうちオススメの3種類をご紹介いたします。

【注】以下「香りに関する印象」を書いてますがある程度の主観・感覚が入ってしまって

いる点は何卒ご容赦ください。

【普段の私の使い方】

 ①出かける前に片方の手首にワンプッシュ、左右の手首を軽く擦り付けます。

 ②耳の後ろにワンプッシュ。長時間外出の場合は左右に付けるようにしています。

 ③アトマイザーで持ち歩いていて夜の食事会がある時などに軽くワンプッシュ。

【香水の無くなる時期】

最近はブルガリ・ブルー100mlを使っていて上記の私の利用頻度で大体9か月~1年弱で

再度購入するイメージです。

■プール・オム

・ブルガリのメンズ香水の中では定番中の定番!

落ち着いたグレーっぽいパッケージと透明でシャープなデザインのボトルが特徴

・香水ショップならばまず間違いなく置いてあります。

・専門サイトでもブルガリのメンズ香水の中で大体一位にランキングされます。

・付けた瞬間は少しスパイシーな感じもしますが時間と共に落ち着きがあってかつ柔らかな

 香りになります。

・定番中の定番ということで街で人とすれ違った時にも「あっ」と気づくことが多く人気の

 程がうかがえます。

・またクセの無い香りなので女性に対してもウケが良いと思います。

■ブルー・プール・オム

・ブルガリのメンズ香水の中では上記プール・オムに続き二番手~三番手くらいの人気かと

 思います。

その名の通りパッケージも中身も「青」で統一し深い海や澄んだ空を連想させます。

パッケージはソリッドな四角形そしてボトルも四角形になっていてどっしりと存在感あります。

・香りは付けた瞬間はほわっとした立ち上がりでクセがなく、その後は柔らかな石鹸・ボディ

 パウダーのような香りが続きます。

・つけている自分では感じないくらい身体に馴染む自然な香りで周りの人からも評判は良いですよ。

■アクア・プール・オム

・深みのあるグリーンのデザインカラー、パッケージは四角なのですがボトルが真ん丸いのが

 特徴です。ボトルが真ん丸というのはあまりなく結構目立ちます。

・香りはとにかく爽やか&夏をイメージさせるライトな感じです。

・つけた瞬間から南国リゾートっぽい香りが広がって後半になると少し落ち着いた感じに変わって

 いきます。

・周りの人からは「爽やかなスイカの香り」と言われたことがあります。

・ただ真ん丸のボトルなのでプッシュするときにちょっと握りにくいところがあります。

体臭と共に、口臭にも気を付けましょう

欧米では口臭ケアが非常に進んでいるようで幼児の頃から口腔ケア教育を徹底、虫歯を「予防」

するために歯医者に行く・フロスや電動歯ブラシも普及しています。また日本に来た外国人の方が

驚くのが日本人の口臭だそうです

   ※特にアメリカは国民皆保険ではないので虫歯や歯周病になると医療費が高額になる

    ことからケアする習慣が根付いているとも思われます。

   ※過去の大戦を描いた欧米映画でも兵士が歯磨きする場面がよく出てきます。

日本はオーラルケアについては後進国にようで、特に虫歯が昔から多い私自身も身につまされる

点が多くあります、、、体臭もそうですが口臭にも十分注意して生活するよう気を付けましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【熱湯サーバー レビュー】おすすめ 火を使わず2秒で熱湯!「ペットボトル式 熱湯サーバー」を使ってみた! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました