◆働きながら資格を取ろう! ~心の準備編①

資格取得

こんにちは! 左馬介(さまのすけ)です!

自分の社会人生活の中で「資格」というものには本当に助けられてきました。そして

目に見えて二つの効果がありました。それは

  ①周囲の人から一目置かれる(≒ある意味で資格が名刺代わりなる)

  ②資格試験(勉強)を通じて自分の成長を感じられる

です!「資格でもとろうかな?」と思っている方、そう思ったときがその時です!!

働きながら取得するのが最もリスクがありません。これから基本的にサラリーマンが

働きながら取るという視点で書きますが、学生の方ならば現在通う学校+別のスクールに

通うなども将来絶対プラスになりますよ!

資格って本当に必要なの? ~一生支えになってくれます!

資格と言ってもねえ…という方もいるでしょう。

正直に言ってしまえば資格が無くても生きていけますが、資格があると「より有利に生きて

いける」のは確実です!

自分の体験からもそれは痛感しています。例えば採用選考、何百人の方々とお会いして

きて、やはり最初に注目するのは人柄と職歴ですが、その次にはその仕事に合った

「資格」があるかどうかでグッと興味を惹かれることが多いです。また会社内の異動の

ときでも適材適所は必須ですから社内名簿のこの点は注目されているはずです。

就職・転職や社内異動など、今の環境から別の所へ行こうとするとき、資格などの

目に見える「手土産」は大変有効です。日常でも、親族や仲間など他人の家にお邪魔

するときはお菓子とか持っていきますよね?その手土産は英語でも何でもいいのです。

「自分で買ってきました!」という意思が見えれば相手は快く受け入れてるはずです!

それに手土産を持って行けば胸を張って前向きに敷居を跨げますしね。陰に日向に

一生あなたを支えてくれる財産になってくれますよ。

どんな資格がいいの? ~将来と好みに合えば基本何でもいい!

私が最初に本格的にトライしたのが表題の「社会保険労務士」です。20代後半から

勉強を始めましたが、きっかけは忙しく楽しく働きながらも「このままじゃいかん」

という漠然とした不安を解消するために「自分が好きで」かつ「将来性のあるもの」

軸にして自分のスキルを20代のうちに高めておこうと決めたことでした。

 自分が好きこれがないと絶対に続きません!私は大学が法律系だったので法令の

  条文に慣れていて、働きながら労働法を学べるということで「社労士」を選びました。

 ②将来性ありこれは個別に考える必要があります。私がトライした時代は世の中で

  労働案件の裁判が徐々に起こりつつあって可能性ありと感じて始めました。

  実際の肌感覚として国家資格レベルであれば確実に目に止まりますし、英語は

  どの場面でも活きます(私は英語が苦手で心の底から後悔しています…)

この二つのファクターを満たしていれば、途中で気持ちが折れてしまうことを防ぐ

こともできるはずです。

忙しいからなあ… ~「やろう」と思う気持ち、それだけ!

これが資格取得の最大の難敵です! 自分もそうでした!

一番は「自分で決めたんだ、やり切ろう!」という強い意志、それだけです。

人間はどうしても今の生活を変えたくない・やることを減らしたい・縛られたくないと

思いやすい生き物なのです。ある意味本能にも近く致し方ない部分もあるのですが、

やはり自分から動かないと未来を変えることは難しいでしょう。ひな鳥が親鳥から餌を

与えられる時期は限られていますし、皆さんも自分の意思で受験をしたり、就職先を

探した経験があるはずです。過去の経験を糧にして未来のプラスにしましょう

ある意味こういったブログもそうかも知れません。私が日々参考にしている偉大な先人、

「ヒトデブログ」を運営しているヒトデさんは「ブログ成功の秘訣は続けること」

おっしゃっています。その通りだと思います!

とは言え、資格取得の準備や勉強をしているとあらゆる魔の手が襲いかかって来ます

飲み会・残業・イベント・デート・病気・疲れ、などなど。そこで自分は、

周囲の仲間・家族・恋人(当時)・上司同僚に「自分はこれを目指している、協力と

理解をしてほしい」と話して回りました

 ・飲み会=前の半分程度に削減。一次会で失礼したり。年数回だけはとことん飲む。

 ・残業=やむなし…本業の手を抜くのは本末転倒ですので、限りなく残業が出ない

   よう日々の工夫を練るのみ。

 ・イベント=優先順位をつけた上で出られないときは断る勇気も。

 ・デート(当時)=昼間は資格スクールでしっかり勉強、夕方からじっくり楽しむ。

   オンとオフの切り替えをつける訓練にもなりました!       

 ・病気、疲れ=人間である以上やむなし…治療・回復が最優先。多少余裕があれば

  一問でも解いて寝る。

一番大切なのは「やろうとする意志」、それを支える手段として周囲の理解を味方に

付けることで必ずゴールが見えます。私の20代での体験もまさにこれでした!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

◆働きながら資格を取ろう! ~心の準備編②

コメント

タイトルとURLをコピーしました