【自己啓発 スキルアップ】働きながら資格を取ろう! ~何をするか迷ったとき編

資格取得

こんにちは! 左馬介(さまのすけ)です!

資格を取ってみよう!と決めてはみたものの、身体がついてこないということは

よくある話ですね。自分のときもそうでした。「失敗したらどうしよう…」とか

余計なことをどうしても考えてしまいます。人間ですからね。

自分の経験から「何かやってみたい、でもまだ少し不安が、、、」という場合に

考えてみると方向性がスッキリする「3つのポイント」をご紹介!!

①ゴールまでの時間と自分のモチベーションが合っているか?

改めて、あなたが目指すゴールまでかかる予想時間と、自分の中でモチベーションが

維持できそうな時間とが合っているか、まず確認してみましょう!

資格の本やネット情報をいくつか見てみて、その資格の取得に必要な平均時間

ざっくりでも把握して、それと「これくらいなら頑張れそう」と思える時間とを

比較するのです。

トライする資格によっては費やす時間や、実施される試験の頻度に差があります。

比較的取りやすい資格は勉強時間も少なくて済み、試験の回数も多かったりします。

一方で難関の国家資格となると、年間勉強時間が数百時間必要になったり、試験も

年に1回しかないことも多いです。

本業が疎かになってしまっては元も子もありませんから、自分の前向きな気持ちが

キープできそうな時間をしっかり認識しておきましょう!これをしておくことで

今後に向けての「腹積もり」がしっかりしてブレが無くなりますよ!

②どうしても決まらないときは簡単な資格からトライすべし!

どうしても「何をしていいか分からない!」「決められない!」場合もあるでしょう。

そのときは「自分の好きな分野」の「簡単な資格」から始めましょう!!たとえそれが

本命の資格でなかったとしてもです!

自分の経験でも、普段の生活リズムの中に別の勉強時間を組み込むということは

なかなか一筋縄ではいかないものでした。そこで「自分に学ぶクセをつける」意味

得意分野の合格率の高めの資格からトライしてみました。

自分が社会保険労務士資格を目指そうとしたときには、勉強時間も年間数百時間必要と

いう情報もあり「はて、どうしよう?」と迷いました。

そこで自分が得意で合格率も高そうだと思えた「漢字検定2級」をまず受けました。

更にそれが合格した後にもう少しクセをつけたいと思い、大学時代の第二外国語で

あった「フランス語検定」も受験しました。

社労士資格とは全く別分野ですが、いずれの検定も比較的簡単、参考書も一冊で済み、

会社帰りや休日の合間にも取り組めました。何はともあれ「毎日、本を開いて学ぶ」と

いうスタイルが身に付いて、小さくともゴールに到達できたという達成感も味わう

ことができました。この経験は、続いてトライした社労士試験の際に本当に活かす

ことができたのでオススメします! 千里の道も一歩から!

③他人のマネをしてみるのも全然OK!

それでも一歩が踏み出せない場合、そんなときは「知り合い・友人のマネをする」ことを

オススメします!

周囲の人の中には、資格にトライした経験や何かの勉強をしている人もいると思います。

その人のやったこと・やっていることをそのままマネするのです。

仲間ですから価値観が近くて親和性は高いと思いますし、何より一緒にゴールを目指す

こともできます。その資格などが本命でなかったとしても、ゴールを目指そうとする

経験はその後の別の資格取得ときや、普段の生活でも必ず活きてきます!

「個性」が重要視される時代ですが、元々人間は周囲のマネをして成長する生き物です。

普段話す言葉やお箸の持ち方なども、親や先生・周囲のマネをして身に付けたものです。

マネをしたとしても、あなたが他人になってしまうということではありません。

どんなに人のマネしても、その知識や経験はあなたの中だけで消化され、あなただけの

「個性」として表現されるからです。その表現者があなた自身であるからです!

資格でも仕事でも学校でも、良い点をマネして自分なりに消化しそれを表現する、

一つ一つは他人のマネかも知れませんが、その一つ一つのマネがあなたの中で融合して、

まったく新しい色になって表現される、というイメージですね。

最後はちょっと話題がそれてしまいましたが、マネは決して悪いことではないですよ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【自己啓発 スキルアップ】働きながら資格を取ろう! ~力が伸びる方法5選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました