◆「スキマ時間」を活用すれば未来が変わる!

資格取得

みなさんはどうやって時間を使っていますか?

若かりし頃、私は忙しさを言い訳にしながら「時間を使う」というよりも

いつも「時間に使われている」状態になりがちでした(笑)

ただ社会保険労務士という資格に出会い、その勉強のための時間を捻出する中で

          「どうやったら時間が生み出せるのか」

を真剣に考えるようになりました。

改めて「時間」というものを見てみると、

  ① 必ず全員24時間しか与えられない

  ② 時間を過去に戻すことはできない

  ③ 仕事や寝る時間・食事など必要な時間を引くと残りは限られる

というのは全員共通のはずで、ここからどうやって「資格勉強の時間を生み出すか」

喫緊の課題になったわけです。

 

限られた24時間、上手く使えないものか?

世界中の誰にも24時間しかない「時間」、どうやって使うかによっては

私たちに大きくプラスになると思ってます。

更に時間というものを意識させられたのは、会社に入ってから経験した「営業」

という仕事をしながら社会保険労務士という資格にチャレンジした経験からでした。

営業としてたくさんの取引先を回っていると、アポイントを入れたのに1時間2時間と

平気で待たされてしまうことがよくあります。

私が営業をやっていた時代、まだ携帯電話はなく当然スマホもなく、今では全く

見ないポケベルという代物が存在し、それすらも選ばれた人だけが持ってました。

ただ何もせずに時間が過ぎ行くのを待つしかなかったのです。

こういった行動できない断片的な時間が出てくる中で、ある時にふと思いました。

         「この時間を何とか上手く使えないものか?」

スキマ時間を自己投資に変えて、未来も変える!

現実論として、仕事中だとすると自分がいる場所は取引先のオフィスやパブリックな場所

にいるわけなのであまり目立った動きはできません。

そうするとやれることは限られてきます。

そこで足りない頭でひねり出したのは読書(特に資格や語学、ビジネス関連などの

自己啓発書)という名の自己啓発でありました。

その延長線上に社会保険労務士へのチャレンジも含まれて行きました。

   ・周囲からは本を読んでいる状態に見えるので違和感なし。

   ・実際に仕事が止まっている状態なので勤務時間からは控除。

   ・途中で取引先から呼ばれてもすぐ中断可能。

本はカバンで持ち運びもできるし、出来る限り緊張感を保てるよう営業の仕事とは

全くの別モノ、将来にカタチとなってスキル・付加価値として残るものにしようと

いうことで、社会保険労務士に固定していきました。

今の時代だとスマホやタブレットなどでの学習は効果あると思います!

また空いた時間に「読書」「自己啓発」をして得たもの、つまり身につけた知識・知恵は

誰にも奪い取られない、という事実も重要です。

実際に身についた知識や経験は未来を変えてくれます。

私もスキマ時間を活用した社労士へのトライによって希望の部署へ転属することが

できました。

 ①まず仕事をする中でどこにスキマ時間があるのか探す(通勤、仕事合間など)

 ②何を始めるか決める(英語でも資格でも。必ず「知識として残る」ものを)

 迷う前にまず小さく始めてみる

 ④それを根気強く継続する

これを実践することでスキマ時間が活用され、毎日も充実しますし何より自分のスキルが

強化されることは非常に有益です。

 そしてその流れを継続することで明日の自分を違ったものにしてくれるはずです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

◆働きながら資格を取ろう! ~心の準備編

【自己啓発 スキルアップ】働きながら資格を取ろう! ~何をするか迷ったとき編

コメント

タイトルとURLをコピーしました